Loading

St01. LINE GIFT

[Year]2022

[Client]LINE

[Agency]monopo Tokyo

[Role]Creative Direction, Copywriting

[URL]BOVA

[Award] ~ BOVA 2022 - Semi-Grand Prix

[Comm] いわゆる広告ではなく、もっと物語コンテンツが作りたい!と考えていたところ、いいお題があったのでトライしたBOVA。かなり限られた予算の中、『高崎グラフィティ。』からファンだった川島監督に相談し、潮田P・森重Pを巻き込んではじまったプロジェクト。

コンペなのでクライアントワークのようにはやらず、企画持ち寄り→脚本化して検証。月刊「シナリオ」を読む程度には脚本が好きだし、脚本を書いていきたいと思っていたので、めっちゃ楽しかった。絵コンテを作らないのも新鮮。

LINEギフトって、「新しい仕送り」かもしれない。その着眼点・アイディアを軸に進めることを決定。

東京で大雪が降った翌日の夜ロケ。雪も残る極寒のなか頑張ってくれたスタッフのみなさまと、素晴らしい演技を続けてくれた佐藤ケイさん・長友郁真さんには大感謝。

PLAY

付き合い始めて5年、いつもと変わらぬ帰り道を歩くマキとシュウ。お父さんから毎月"仕送り"のように届く、無言のLINEギフトから話は思わぬ方向に―――。

[Next]
Music 02